基調講演

・・・ 日本語 簡体字 繁体字 English


| ホーム | 開催概要 | 時間表 | 講演者と演題 |



基調講演|講演者と演題


中国代表 陳武(Chen Wu / 中国大陸代表)中国|1基調講演|陳武|アジア伝統獣医学会/アジア中獣医学会|JTCVM国際中獣医学院日本校

基調講演「ペット臨床における中獣医療法の適応症に関して—作用機序からみる中獣医療法の適応症—」


 

(プロフィール)

北京農学院教授

中国伝統獣医学国際研修研究センター長
アジア伝統獣医学会秘書長
北京小動物診療業協会副理事長
中国獣医画像技術研究会副理事長
北京寵福鑫動物病院有限会社(グループ)総監

(主な活動)

北京市教育委員会が批准し、北京農学院によって運営されている第一級中獣医学の研究機構である中国伝統獣医学国際研究センター長。同センターは北京農学院中西動物医学の良好な教育・科学的な研究および実習・実験施設の名のもと、国内外で著名な中西獣医学理論および臨床の専門家によって組織された強大な教育、研究グループです。


蔡承郁(Cai Chengyu / 台湾地区代表)(台湾)蔡承郁|アジア伝統獣医学会/アジア中獣医学会|JTCVM国際中獣医学院日本校

基調講演「犬猫に対する急性疾患に対する中獣医療法」


 

(プロフィール)

桃園進安中西醫動物醫院院長

国立屏東科技大学卒業
中国医薬大学中獣医学修士課程修了
2011年国際中獣医十大菁英獎
中華亜太小動物中医学会理事長
台湾ペットケア発展協会教育総監
国際中獣医学院台湾校校長
中華国際藥王孫思医学会理事
桃園市臨床獣医師研習会理事
中華亜太小動物中医学会第二回秘書長
専門:小動物中薬(漢方)、針灸治療 小動物內科疾患


郭文賢(Guo Wenxian / 台湾地区代表)(台湾)郭文腎先生(興沛動物医院)基調講演「瘀血と血虚における中獣医学の臨床応用」|アジア伝統獣医学会/アジア中獣医学会|JTCVM国際中獣医学院日本校

基調講演「瘀血と血虚における中獣医学の臨床応用」


 

(プロフィール)

台湾大学医学系卒業
興沛動物病院チーフ獣医師

中華傳統獸醫學會 會員 雪曾於2017年獲得學會頒發臨床服務獎
2012加拿大自然醫學療法學位取得
台灣Chi Institute 基礎認證完成
2015傷寒六經中獸醫培訓班結業
美國Chi Institute 國際獸醫針灸師證照認證
2017、2018、2019社區寵物褓姆證照培訓班講師
2019 食療證照認證獲取中

(主な著作)

1.我家狗狗得比我好:寵物營養學x中醫體質養生x自然療法,寵膳媽媽教你自
2.狗狗和我一樣幸福:這輩子,我們要一直一直 一起

(メッセージ)

私は現在、犬や猫への中獣医学に基づいた治療や食事療法の開発と研究に取り組んでいます。中獣医学と西洋獣医学による結合治療が、ペットに最大の効果をもたらす事を願っています。


韓国|崔宰豪先生|アジア伝統獣医学会/アジア中獣医学会|JTCVM国際中獣医学院日本校崔宰豪(jae Ho Choi / 韓国代表)

基調講演「動物用体重負荷分析機を利用した、不完全麻痺(Paresis) 患者の診断治療」

(プロフィール)

崔宰豪韓方動物院院長
大韓民国全南大学獣医科大学卒業

(学歴と職歴)

大韓民国全南大学獣医科大学を卒業後、韓方専門の動物病院を開院。獣医学のための獣医師による Forvet by vet の価値を実現するために、プログラミング研究開発にも従事。また鍼灸、生薬療法の他、自然医学(臨床栄養学、被毛検査、ホメオパシー)にも精通。獣医学診療補助器具の研究開発(診療保定台)にも携わり、韓国伝統獣医学の師父と称される。

 


中国大陸|楊達先生|アジア伝統獣医学会/アジア中獣医学会|JTCVM国際中獣医学院日本校楊達(Yang Da / 日本代表)

基調講演「日本における中獣医ケア商品の開発及び応用へのアプローチ」



(所属学術団体)

世界中医薬学会連合会常務理事
日本ペット中医学研究会学術顧問

世界中医薬学会連合会中医臨床思惟専門委員会副会長
世界中医薬学会連合会皮膚病専門委員会理事
雲南省中医薬学会中医皮膚・美容専門委員会名誉主任委員
雲南中医药大学客員教授
日本中医薬研究会中医学講師

(学歴と職歴)

1982年雲南中医学院医学部卒業、雲南中医学院「黄帝内経」研究室助手、雲南中医学院大学院を経て雲南中医学院中医外科・皮膚科教室勤務(講師)。
1993年埼玉医科大学皮膚科教室留学(医学博士号取得)。

現在、イスクラ産業株式会社取締役。
主に、中成薬、中薬化粧品、健康食品;ペット用サプリメント、ペット用化粧品の研究開発、販売などの仕事を従事する。今まで、30品目以上の商品を開発し、日本市場に投入している。なお、日本中医薬研究会の講師として20年余りに日本で、中医学文化の教育に携わっている。イスクラ産業皮膚病専門部会を創設し、中医学皮膚病治療の教育を10数年に行っている。
イスクラ産業ペット事業部を設立し、ペット医療に中医学文化の普及に努力している。

(著書と論文発表)

「アトピー性皮膚病の正体と根治法」
「あなただけの美肌専科」
「中医内科学」
「ペット基礎中医学」
ほか、40篇余



症例報告|講演者と演題はこちら >>


第7回アジア伝統獣医学会/アジア中獣医学会日本開催準備事務局
メールアドレス : astvm.japan2019@gmail.com
HPアドレス(URL) : https://astvm.jp